ホーム>業務内容>就業規則の作成

就業規則の作成

就業規則の作成

ここがポイント!

就業規則の作成

約束ごと

人はみな考え方や性格が異なっています。

企業は人の集団ですから、目標に向かって運営していくためにも、集団としての「きまり」や「約束ごと」が必要になります。

国に法律があるのと同様、企業にも就業規則が必要となります。
労務管理とは、諸規則の作成・整備と言われています。

法令により作成が義務付けられているもの

1.就業規則

事業所ごとに常勤の労働者が10人(パート労働者も含む)を超えるときには、必ず就業規則を作成し、所轄労働基準監督署へ届けなければなりません。変更の際にも同様です。

週40時間労働制への対応としての変形労働時間制やフレックスタイム制の導入は、就業規則に規定しなければなりません。

助成金、奨励金などを受給するためには、就業規則に規定するか変更しなければならない場合があります。
また、労働者が10人未満であっても、労務管理上必要であり、作成・届出が望まれます。パートタイマー用の規則の作成も必要です。

2.寄宿舎規則

寄宿舎に労働者を寄宿させるときには、規則を作成して所轄労働基準監督署に届けなければなりません。変更の際も同様です。

会社の運営上必要なもの

1. 社是・社訓 2. 組織規定 3. 出向規定 4. 安全衛生規定 5. 車両管理規定 6. 共済会規定 7. 福利厚生貸付規定 8. 賞罰規程

ページ上部へ