ホーム>インフォメーション>傷病手当金・出産手当金 計算方法 改正
インフォメーション

傷病手当金・出産手当金 計算方法 改正

傷病手当金・出産手当金の計算方法がH28.4月から変わります。

  

  H28.3月までの計算方法は {休んだ日の標準報酬月額÷30日}×3分の2  でした。

 

  H28.4月からの計算方法は

   {支給開始日以前の継続した12ヶ月の各月の標準報酬月額を平均した額÷30日}×3分の2  になります。

  

  支給開始日以前の期間が12ヶ月に満たない場合

   ①{支給開始日の属する月以前の継続した各月の標準報酬月額の平均額÷30日}×3分の2

   ②{当該年度の前年度9月30日における全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額÷30日}×3分の2

   ①と②を比べて少ないほうの額になります。

   ※H27年度の平均は28万円

 

ここで注意していただきたいのは、今現在傷病手当金や出産手当金を支給されている方は、

H28.4月からは新しくなった計算方法で支給されます。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okamoto-sr.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/20

ページ上部へ