ホーム>スタッフブログ>岡本労務管理事務所ブログ>通勤災害
岡本労務管理事務所ブログ

通勤災害

こんにちはーsun

この前の日曜日に、クラブチーム(ラグビー)で試合がありました天気が良く、寒いというより暑かったです。いつもは14番で試合を出るのですが、メンバーがいないということで、10番で出ました。サッカーでいうと司令塔のポジションです。10番は高校の時には定位置だったのですが、大学ではほとんど出ていなかったので、果たして役割を果たせるのか不安でした。(笑) 試合の結果は54-5と圧勝でしたが、久しぶりのポジションでなかなかうまいことできませんでしたsad

試合が終わると、いつも通りその日のMVPが発表されるのですが、来シーズンの期待を込めてということでMVPを頂きました!商品として自家製の角煮を頂き、お酒のあてにでも頂こうかなと思いますbottle

今週末も高校のOB戦があり、ここんところラグビー三昧です!

 

本日は顧問先から通勤災害に関しての質問があったのでそのことについて書きたいと思います。

 

通勤災害とは

労働者が通勤により被った負傷、疾病、傷害又は死亡を言います。

通勤にも要件がありますので、説明させていただきます。

通勤

通勤とは、就業に関し、次に掲げる移動を言います。

⑴ 住居と就業の場所との間の往復

⑵ 就業の場所から他の就業の場所への移動

⑶ 住居と就業の場所との間の往復に先行し、又は後続する住居間の移動

この3つのどれかに該当し、合理的な経路及び方法により行うこといい、業務の性質を有するものを除くものとされていますが、移動の経路を逸脱し、又は移動を中断した場合には、逸脱又は中断の間及びその後の移動は通勤となりません。

但し、逸脱又は中断が日常生活上必要な行為であって、厚生労働省令で定めるやむを得ない事由により行うための最小限度のものである場合は、逸脱又は中断の間を除き通勤とされます。

合理的な経路及び方法

ここでいう合理的な経路とは、一般に労働者が用いるものと認められる経路です。通常利用する経路であれば、複数あったとしてもそれらの経路はいずれも合理的な経路となります。

当日の交通事情により迂回してとる経路など、通勤のためにやむを得ずとる経路も合理的な経路となります。しかし、特段の合理的な理由もなく、著しい遠回りとなる経路をとる場合などは、合理的な経路とはなりません。

合理的な方法とは、鉄道やバス等の公共交通機関を利用する場合、自転車、自動車等を本来の用法に従って使用する場合などが一般に合理的なほうっ法となります。

業務の性質を有するもの

業務の性質を有するものとは、具体的には、事業主の提供する専門交通機関を利用する出退勤や緊急用務のため休日に呼び出しを受けて緊急出勤する場合などが該当し、これらの行為による災害は業務災害になります。

緊急で出勤する場合に公共交通機関を利用していたとしても、それは業務災害になります。

移動の経路を逸脱し又は中断した場合

通勤と関係がない目的(例:同僚と晩御飯を食べに行く等)が逸脱や中断に当たります。しかし、経路上の店(例:コンビニ等)でたばこやジュースを購入する場合などの些細な行為は逸脱や中断に当たらない。

逸脱又は中断があった場合には、その後、合理的な経路に戻ったとしてもそれは、通勤に該当しません。しかし、例外があり、日常生活上必要な行為であって、厚生労働省令で定めるものの行為を行った場合は、逸脱又は中断を除いて、合理的な経路に復した後は再び通勤となります。

厚生労働省令とは

⑴ 日用品の購入その他これに準ずる行為

⑵ 選挙権の行使その他準ずる行為

⑶ 病院又は診療所において診察又は治療を受けることその他準ずる行為

これ以外にもありますが、主にこれらが該当すると思いますので、省かせていただきました。

給付

給付に関しては、業務上災害とほとんど変わりはありません。

相違点の一つは、初回にのみ、療養給付受給者に対する一部負担金の制度があります。ただし、第三者行為によって被災した場合等、一定の場合には免除されます。

申請書は、業務災害と通勤災害と別なんでそこだけ注意してください。

 

通勤災害の説明はこれで以上になります。また分からない方は、お気軽にお問合せ下さい。

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okamoto-sr.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/31

ページ上部へ