ホーム>スタッフブログ>岡本労務管理事務所ブログ>総括安全衛生管理者等について
岡本労務管理事務所ブログ

総括安全衛生管理者等について

今日はとても寒い一日ですねsnow

朝寒くてなかなか起きれなかったんでまた一段と寒くなるんだろうなと思っていたら、雪が降ってきましたね。

早く夏になってほしいと思いますsun

 

本日は、顧問先から従業員が50人に達するので、安全管理者、産業医等のことについて質問がありました。

なので「総括安全衛生管理者」「安全管理者」「衛生管理者」「産業医」について書きます。

この4つについての選任は所轄労働基準監督署に報告する必要があり、報告書がありますんで、そこに必要事項を書き、提出してください。

 

総括安全衛生管理者

1    総括安全衛生管理者とは

         労働安全衛生法第10条では、一定の規模以上の事業場について、事業を実質的に統括管理する者を「総括安全衛生管理者」として、

         選任し、その者に安全管理者、衛生管理者を指揮させるとともに、労働者の危険又は健康障害を防止するための措置等の業務を統括管理

         させることになっています。

2    選任

      選任しなければいけない事業場は次の通りです。

業種 事業場の規模(常時使用する労働者数)
林業、鉱業、建設業、運送業、清掃業

100人以上

製造業(物の加工業を含む)電気業、ガス業、熱供給業、水道業、通信業

商品卸売業、小売業、旅館業、ゴルフ場業、自動車整備業及び機械修理業

など

300人以上
その他の業種

1000人以上

     選任義務がある事業場について、従業員の数がとても多いので、あまり選任するところは少ないかと思われますが、

     運送業、清掃業に関してはこの中でも、可能性があるものと思います。

3    資格要件

       当該事業場において、その事業場の実施を実質的統括管理する権限及び責任を有する者(工場長等)。

       なので、このために試験に受かって資格を取る必要などはないです。

4    職務

       統括管理については、労働者の危険又は健康障害を防止、安全等の教育、労働災害の原因の調査、再発防止対策等の措置に関することです。

       労働者が安全に仕事ができるようにする必要があり、事故等が起きた場合にはしっかりと再発防止対策をしてください。

 

総括安全衛生管理者については、安全、健康についてしっかりと措置をする必要があります。

今日のところはこの辺にしておきます。

次回は安全管理者について書きたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okamoto-sr.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/26

ページ上部へ