ホーム>スタッフブログ>岡本労務管理事務所ブログ>療養費
岡本労務管理事務所ブログ

療養費

こんにちはー!!

 

最近は天気が良くて、暖かくてとても気持ちがいいですね。

昼ご飯のあとウトウトしてしまいそうですが・・・(笑)

大阪でも桜の開花宣言されましたので、来週あたりにお花見をしに行ってきます。

 

本日は、立て続けに療養費の申請があったので、療養費について書きたいと思います。

 

療養費とは・・・・・・

 健康保険では、保険の窓口に被保険者証を提示して診療を受ける「現物給付」が原則となっていますが、

やむを得ない事情で、保険医療機関で保険診療を受けることができず、自費で受診したときなど、

特別な場合には、その費用について療養費が支給されます。

 

次にどういった事が療養費に該当するのか説明します。

 1 保険診療を受けるのが困難な時

    a 事業主が資格取得届の手続き中で、被保険者証が未交付のため保険診療を受けれなかったとき

    b 感染症予防法により隔離収容された場合で、薬価を徴収されたとき

    c  療養のため、医師の指示により、義手・義足・義眼・コルセットを装着したとき

    d  生血液の輸血を受けたとき

    e 柔道整復師等から施術を受けたとき

 2 やむを得ない事情のため、保険診療が受けられない医療機関で診察や手当を受けたとき

 

 

今回は、入社してすぐに病院に行かれた従業員の方がいましたので申請をしました。

それとケガをして装具装着された方がいましたので申請しました。

申請する際には、診療明細書や領収書が必要ですので、捨てないように保管してください。

 

療養費の額

保険者が健康保険の基準で計算した額(実際に支払った額を超える場合には、実際に払った額)から

その額に一部負担割合を乗じた額を差し引いた額が療養費として支給されます。

 

療養費に関しましては、立て替え払いが主になりますので、今回は立て替え払いの説明をさせて頂きました。

他に海外療養費がありますが、このことに関してはあまりないと思いますので省きました。

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.okamoto-sr.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/19

ページ上部へ